M&A速報

テン・アローズ<9885>、MBOで非公開化へ

2008/09/19

モルガン・スタンレーグループの投資ファンドが保有するサザンイーグルとオットーの2社は、テン・アローズ(旧・シャルレ)に対して株式の非公開化を目的にTOB(株式公開買い付け)を実施することを決議した。テン・アローズの創業者一族がモルガン・スタンレーグループとの協業によりTOBを実施するMBO(経営陣による買収)となる。テン・アローズはTOBに賛同の意見を表明しており、TOB成立後にテン・アローズは上場廃止となる見通し。

テン・アローズは女性用下着の販売やギフト卸売事業などを手がけるシャレルとして創業。現在はグループの持ち株会社として傘下にシャルレを置く。2007年には業績悪化によりギフト卸売事業を譲渡するなど、事業の再生を図っていた。厳しい経営環境の中で中長期的な成長を目指すには、短期の業績変動に左右されない抜本的な改革が必要とし、MBOにより株式を非公開化することが最善と判断した。

TOBの買付価格は1株あたり800円。TOB公表前営業日まで過去1カ月間の終値平均値517円に対して54.8%のプレミアムを加えた。

TOBの買付予定数は970万4989株で、買付予定額は77億6000万円。

公開買付期間は2008年9月22日から2008年11月5日までを予定している。

追記事項

2008-12-17
買付予定数に達しなかったためTOBは不成立。

関連の記事

【M&A判例】シャルレのMBO株主代表訴訟「善管注意義務違反」

【M&A判例】シャルレのMBO株主代表訴訟「善管注意義務違反」

2021/07/14

MBO(マネジメントバイアウト)を実施する際、役員は株主に対して不当な不利益を与えないよう「善管注意義務」を負うと考えられています。シャルレの元株主が提起した株主代表訴訟では、元代表取締役を含む役員らの賠償責任が認められました。

【希望退職】三陽商会・IMAGICA・かんなん丸…年明け1月も7社が募集発表

【希望退職】三陽商会・IMAGICA・かんなん丸…年明け1月も7社が募集発表

2021/02/03

希望退職募集の動きが2021年も年明けから相次いだ。アパレルの三陽商会が150人程度を募るのを筆頭に、外食2社を含めて7社が計画を発表した。緊急事態宣言が1カ月延長されたことで、業績の戻りはさらに遠のき、リストラ圧力が一層強まりかねない。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5