日本毛織は、織物製品の縫製加工を手がける福島ソーイング(福島県田村市。売上高3億1100万円、営業利益200万円、純資産2億1000万円)の全株式を、同業の光明縫製(岐阜県山県市)に譲渡することを決議した。

福島ソーイングは1972年11月の創業以来、安定した経営を続けてきたが、日本毛織グループの業績への寄与や事業における相乗効果が小さいため事業再編の一環として譲渡することにした。譲渡価額は非公表。譲渡予定日は2008年8月下旬。

追記事項

2008-08-28
日本毛織が譲渡の中止を発表。買い手側の光明縫製と契約条件の交渉を続けてきたが、最終合意に至らなかったため。