コニカミノルタホールディングスは子会社を通じて、英国ダンカビジネスシステムズ(ロンドン市)が100%所有する米国のオフィス機器販売会社ダンカオフィスイメージング(フロリダ州。売上高約4600万円)を買収し、子会社化することを決定した。

ダンカオフィスイメージングは、米国におけるオフィス用情報機器やソフトウエアなどに関わる大手独立系販売会社で、特に法人向け営業に強みを持つ。全米に4万5000社以上の取引先を有し、売上規模は2006年度実績ベースで約460億円に達する。コニカミノルタHDは同社の買収により、北米地域におけるカラー機を中心とした情報機器事業の拡大を図る。具体的には、2008年半ばよりダンカオフィスイメージングの販売網を活用してコニカミノルタの複合複写機やプリンタの販売を本格的に展開する。

取得価額は約245億円。取得予定日は2008年6月頃。