M&A速報

双葉電子工業<6986>、プラスチック金型技術関連製品の日本ディー・エム・イーを子会社化

2008/03/27

双葉電子工業は、プラスチック金型技術関連製品を製造・販売する日本ディー・エム・イー(東京都江東区。売上高5億9000万円、営業利益5000万円)の株式49.1%を取得し、子会社化(実質支配力基準)することを決議した。

日本ディー・エム・イーは、射出成形時に材料を金型に流し込むランナーを温めておくことで成形品のみを取り出せる「ホットランナーシステム」をはじめ、プラスチック金型技術関連製品の開発を手がけている。双葉電子は同社を取り込むことで、生産器材事業を強化する。

取得価額は非公表。取得予定日は2008年3月31日。

M&Aデータベース

関連の記事

青山商事・エイベックス・セガサミー…希望退職者募集が11月「激増中」

青山商事・エイベックス・セガサミー…希望退職者募集が11月「激増中」

2020/11/17

11月に入り、上場企業による希望(早期)退職者募集が激増中だ。今年最多だった10月の12件に半月足らずで並んだ。1月からの累計では約80社を数え、すでに前年の2倍を優に超える。新型コロナ禍の出口が見通せない中、雇用情勢は緊迫の度を増している。

【双葉電子工業】M&Aで次世代の「芽」を創造する老舗メーカー

【双葉電子工業】M&Aで次世代の「芽」を創造する老舗メーカー

2018/09/04

双葉電子工業は蛍光表示管(VFD)、有機ELディスプレー、タッチセンサー、複合モジュール、産業・ホビー用ラジコン機器などの電子デバイス製品や金型用器材、生産器材などを手がける製造業。これだけ幅広い製品を提供できるようになった理由はM&Aだ。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5