三菱製鋼<5632>は、ドイツのばねメーカー「ゲブリューダー・アーレ(Gebrüder Ahle GmbH & Co. KG)」(売上高32億円)の出資持分100%を取得し子会社化することを決議した。

ゲブリューダー・アーレは1904年設立で、自動車用巻きばねの設計・製造・販売を手がける。巻きばねの海外製造拠点は米国、カナダ、メキシコ、中国、インドに次ぐ6拠点目となる。今後、スタビライザーの設備導入も進め、既存拠点とのシナジー効果を引き出し、世界規模での拡販につなげる。

出資持分取得価額は未公表。

出資持分譲渡実行日は2018年2月下旬。