日立製作所は日立国際電気と日立工機の両社に対して子会社化を目的にTOB(株式公開買い付け)を実施することを決めた。日立国際電気とはノウハウと先端技術の融合によるイノベーションを実現するのが狙い。買付金額は最大104億5700万円。 日立工機とはグループ全体で強化している世界四極体制の機能、研究開発面、知的財産権、資金面、日立ブランドのグローバル展開などで協力するのが狙い。買付金額は最大162億1500万円。