M&A速報

大和工業<5444>、韓国子会社の棒鋼事業を現地同業の大韓製鋼に譲渡

2020/06/19

大和工業は、韓国子会社のワイケー・スチールコーポレーション(釜山市)が営む棒鋼事業を、現地鉄鋼メーカーのDaehan Steel Co., Ltd. (大韓製鋼、釜山市)に譲渡することを決めた。棒鋼事業を全額出資で設立する新会社「ワイケーエスカンパニーリミテッド」(釜山市)に移管したうえで、大韓製鋼が新会社の株式51%を取得する。分割する事業の直近売上高は559億円。株式の譲渡価額は約41億1200万円。譲渡予定日は2020年9月8日。

大和工業は2002年に韓国にヤマト・コリア・スチールコーポレーション(現ワイケー・スチールコーポレーション)を設立し、韓宝釜山製鉄所の営業を譲り受け、同国で建設向けを主用途とするH形鋼など棒鋼事業を展開してきた。しかし、棒鋼市場の縮小や競争激化に伴い、新たな戦略パートナーが必要と判断し、現地での棒鋼事業を合弁運営に切り替えることにした。大韓製鋼は1954年に設立し、従業員は約420人。

M&Aデータベース

関連の記事

コロナ禍で「良品計画」の米国子会社が破綻 海外事業で苦戦する日本企業

コロナ禍で「良品計画」の米国子会社が破綻 海外事業で苦戦する日本企業

2020/07/14

新型コロナウイルスの感染症拡大に伴い、日本企業の海外子会社が経営破綻するケースや、海外子会社や事業の売却を余儀なくされるケースなどが次第に目立ち始めてきた。

【6月M&Aサマリー】過去10年で最多の55件も、コロナで「国内回帰・小型化」鮮明

【6月M&Aサマリー】過去10年で最多の55件も、コロナで「国内回帰・小型化」鮮明

2020/07/02

6月のM&Aは前年同月比8件増の55件だった。6月として過去10年間で最多。ただ、海外案件は9件と2018年6月以来2年ぶりに1ケタにとどまり、国内回帰の構図が鮮明に。案件の小型化も顕著で、新型コロナ感染による慎重姿勢の広がりがうかがえる。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5