M&A速報

新田ゼラチン<4977>、香港子会社のニッタホンコンを現地Casing Hongkongに譲渡

2019/02/21

新田ゼラチンは、香港子会社(中間持株会社)のニッタホンコンLtd.(売上高0、営業利益△22万円、純資産2億9000万円)の全株式を、香港のCasing Hongkong Limited に譲渡することを決議した。

新田ゼラチンは中国市場でのコラーゲンケーシング事業を拡大するため、2012年に北京秋実農業発展有限公司と合弁会社「北京秋実膠原腸衣有限公司」(ニッタンホンコンが30%出資)を設立。今後の事業方針にめぐって合弁先の北京秋実との相違が大きく、持株会社であるニッタホンコンを売却することにした。

譲渡価額は未確定。譲渡予定日は2019年6月下旬。

M&Aデータベース

関連の記事

上場企業の子会社・事業売却、12月年間最多の18件!

上場企業の子会社・事業売却、12月年間最多の18件!

2019/12/30

12月のM&A市場は「売り」が勢いづいた。上場企業による子会社・事業の売却は18件に上り、年間最多となった。年末休み前の最終週(23~27日)だけで12件が集中。売却対象の子会社・事業の多くは不振状態にあり、“年末大決算”の様相を呈した。

中国子会社の売却が4月急増、日東紡・タマホーム・TSIHDなど5件

中国子会社の売却が4月急増、日東紡・タマホーム・TSIHDなど5件

2019/04/22

​日本企業が中国子会社を売却する動きが広がっている。1~3月は各月1件だったが、4月はすでに5件に上る(適時開示ベース)。その大半が人件費上昇や人民元高に伴う収益悪化を理由とする。繊維、衣料関連が目立ち、今年の全8件中、4件を占める。

M&A速報検索

クリア