M&A速報

新田ゼラチン<4977>、接着剤事業をボスティック・ニッタに会社分割で譲渡

2018/05/17

新田ゼラチンは接着剤事業(製造を除く)を、関連会社のボスティック・ニッタ(大阪市。売上高51億7000万円、営業利益5億2900万円、純資産10億6000万円)に会社分割により譲渡することを決議した。譲渡価額は非公表。

製造を除く、販売、開発など一切の接着剤事業を承継するボスティック・ニッタは1982年、新田ゼラチンと接着剤大手の米ボスティック(ノースカロライナ州)が合弁で設立し、ボスティックが66%を出資(新田ゼラチンは34%)し同社の子会社としている。新田ゼラチンはコア事業である食用・医薬用・写真用ゼラチンなどの製造・販売に経営資源の集中を進めており、接着剤事業の拡大を目指すボスティックとの利害が一致した。

株式分割による事業譲渡予定日は2018年8月1日。

接着剤事業のうち製造に付随する資産、負債や従業員などについてはボスティック・ニッタが予定する新工場建設後に別途、同社に承継される予定。

追記事項

2020-12-17 
接着剤事業のうち残る「製造」部分について、会社分割によりボスティック・ニッタに承継させることが決まったと発表。分割予定日は2021年2月1日。

M&Aデータベース

関連の記事

上場企業の子会社・事業売却、12月年間最多の18件!

上場企業の子会社・事業売却、12月年間最多の18件!

2019/12/30

12月のM&A市場は「売り」が勢いづいた。上場企業による子会社・事業の売却は18件に上り、年間最多となった。年末休み前の最終週(23~27日)だけで12件が集中。売却対象の子会社・事業の多くは不振状態にあり、“年末大決算”の様相を呈した。

中国子会社の売却が4月急増、日東紡・タマホーム・TSIHDなど5件

中国子会社の売却が4月急増、日東紡・タマホーム・TSIHDなど5件

2019/04/22

​日本企業が中国子会社を売却する動きが広がっている。1~3月は各月1件だったが、4月はすでに5件に上る(適時開示ベース)。その大半が人件費上昇や人民元高に伴う収益悪化を理由とする。繊維、衣料関連が目立ち、今年の全8件中、4件を占める。

M&A速報検索

クリア