住友商事グループのシステムインテグレーター(SI)であるSCSKは31日、連結子会社のシステム検証サービスのベリサーブ(東証1部)とシステムおよびアプリケーション開発のJIEC(東証2部)をTOB(株式公開買い付け)で完全子会社化すると発表した。TOB成立後は両社とも上場を廃止する見通し。

グループのシナジー効果強化と株式非公開化による柔軟な経営体制への移行が狙い。両社とも今回のTOBには賛同している。

買付価格はベリサーブが1株6700円。TOB公表前日の終値に対して43.62%のプレミアムを加えた。買付予定数は231万6609株で、買付総額は約155億円。JIECが1株2750円。TOB公表前日の終値に対して39.31%のプレミアムを加えた。買付予定数は209万914株で、買付総額は約57億5000万円。買付期間はいずれも2019年2月1日~3月18日。