M&A速報

石垣食品<2901>、飲食店経営のエムアンドオペレーションを子会社化

2018/12/26

石垣食品は、飲食店経営のエムアンドオペレーション(東京都大田区。売上高2億1300万円、営業利益△444万円、純資産133万円)の株式51%を取得し、子会社化することを決議した。

エムアンドオペレーションは現在、居酒屋、焼肉店、そば店、チーズ料理店を7店舗(直営1店、外部受託6店舗)展開している。外食業界は近年、慢性的な人手不足を背景に運営環境が悪化しているが、エムアンドオペレーションは人材採用・育成に強みを持つという。石垣食品は同社を傘下に収めることで、外食事業のノウハウを取り込む。

石垣食品は「フジミネラ ル麦茶」「ごぼう茶」などの飲料事業、「ビーフジャーキー」などの珍味事業を主力とする。事業多角化の一環としてワインバー「nomuno2924(ノムノニクフジ)」を開店し、外食事業に進出したが、赤字が続き、事業立て直しが課題になっている。

取得価格は2597万円。取得予定日は2019年1月17日。

関連の記事

【コロナ禍の外食M&Aまとめ】ノンコアの切り離しが加速

【コロナ禍の外食M&Aまとめ】ノンコアの切り離しが加速

2020/10/09

新型コロナウイルスの感染拡大で飲食業界に激震が走りました。その一方で、火中の栗を拾うように外食企業のM&Aも盛んに行われています。売り手の多くはノンコアの外食事業の切り離し。買い手は外食を専門で手掛けていた企業や経営者です。

「ミネラル麦茶」の石垣食品、債務超過で上場廃止の崖っぷちへ

「ミネラル麦茶」の石垣食品、債務超過で上場廃止の崖っぷちへ

2020/07/03

「ミネラル麦茶」でおなじみの石垣食品が上場廃止の猶予期間入り銘柄に指定されました。2020年3月期に債務超過に陥ったため。2021年3月末までに債務超過が解消されないと、上場廃止になります。戦略的な企業買収があだとなりました。

2017年も食品各社のM&A意欲は健在

2017年も食品各社のM&A意欲は健在

2017/12/28

2017年の食品業界は大小合わせて20件強(発表ベース)のM&Aを数える。1年を振り返って、1000億円を超えるような大型案件はなかったものの、食品各社のM&Aへの意欲は旺盛といえる。

M&A速報検索

クリア