アルコニックスはブレーキ摩擦材メーカーの東北化工(栃木県那須烏山市。売上高17億4000万円、営業利益1億2800万円、純資産17億1000万円)を子会社化することを決議した。12月に全額出資で設立する中間持ち株会社「アルコニックス・東北化工」(仮称)が東北化工の全株式を取得して傘下に置く。

東北化工は1961年に設立し、摩擦調整材、電波吸収体、機能性インクなどの製造を手がける。なかでも主力の摩擦調整材は食用のカシューナッツの殻から抽出した殻液を主原料とする樹脂を素材としている。摩擦安定性や耐摩耗性に優れ、2輪車・4輪車のブレーキやクラッチ、鉄道用制輪子、各種産業機械の摩擦材に幅広く使われている。アルコニックスは東北化工を取り込むことで、ブレーキ関連市場へ参入する。

取得価額は26億3000万円。取得予定日は2018年12月下旬。