M&A速報

ヒビノ<2469>、業務用映像機器輸入販売のテクノハウスを子会社化

2018/11/13

ヒビノは業務用映像・音響機器の輸入販売を手がけるテクノハウス(東京都中央区。売上高11億4000万円、営業利益2600万円、純資産1億9400万円)の全株式を取得し子会社化することを決議した。

テクノハウスはコンサートやイベント現場で使われる「Barco Folsom」ブランドの映像機器を主力取り扱い品とするほか、「Evertz」ブランドの放送機器は放送局を中心に幅広い導入実績を持つ。また、映像に関する技術者を抱え、顧客企業の運用を技術サポートできる強みを持つ。

ヒビノは音響機器を輸入販売し、音空間の設計・施工から音響システム販売、保守までワンストップで提供している。デジタル技術の急速な進歩で音声・映像信号の伝送や圧縮記録方式の規格化が進む中、テクノハウスを取り込むことで、音響や映像、ネットワークを含めた一体的なシステム提案力を強化する。

取得価額は非公表。取得予定日は2018年12月3日。

M&Aデータベース

関連の記事

【ヒビノ】東京五輪で“任務”果たし「音と映像」の世界ブランドへ

【ヒビノ】東京五輪で“任務”果たし「音と映像」の世界ブランドへ

2019/02/21

ヒビノはコンサートやイベントで使う音響・映像機材を世界有数の規模で保有し、コンテンツの演出や進行を舞台裏で操る。東京五輪・パラリンピックでは施設整備の特需が控える。その同社はM&A巧者としての顔を持つ。傘下に収めた企業は10数社に及ぶ。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア