スカラは光通信傘下でクラウドPBX(構内交換機)サービス事業を手がけるコネクトエージェンシー(東京都豊島区)の株式51%を取得し、子会社化することを決議した。

コネクトエージェンシーは2017年12月に、光通信グループ各社に提供している秒課金や全通話録音機能を持つワンストップIP電話サービス部門を事業化するために設立した。スカラは自社のコールセンター関連ITサービスと同社のIP電話サービスを連携することにより、それぞれのサービスを互いの顧客へ導入提案(クロスセル)できるなど事業シナジーが期待できるとみている。

取得価額は4億3400万円。取得予定日は2018年10月31日。