M&A速報

ヒビノ<2469>、音響機器販売事業の韓国 Sama Sound グループ3社を子会社化

2018/10/24

ヒビノは、音響機器販売事業を展開する韓国Sama Soundグループ3社を子会社化することで基本合意した。

子会社化するのはSama Sound(ソウル。売上高9億700万円)、Sama D&I(同。売上高5億1800万円)、Sama CDS(同。20億2000万円)。業務用音響機器、楽器などの輸入販売、システム設計・施工を主力とし、Sama Soundグループを形成する。創業は1969年に創業し、当初から輸入代理店を務めるShureブランドのマイクロホンやワイヤレスシステムのほか、GENELEC(スタジオモニター)、K&M(スタンド)といった著名ブランドの商品を取り扱っている。

ヒビノは音響機器販売・施工、映像製品の開発・製造、コンサートやイベントの音響・映像サービスを主力事業とする。グローバル展開を経営課題に掲げており、韓国の同業大手を取り込み、技術力や取引基盤の相互補完などを通じて競争力向上につなげる。

株式の取得割合や取得価額は未確定。取得予定日は2018年12月下旬。

M&Aデータベース

関連の記事

【ヒビノ】東京五輪で“任務”果たし「音と映像」の世界ブランドへ

【ヒビノ】東京五輪で“任務”果たし「音と映像」の世界ブランドへ

2019/02/21

ヒビノはコンサートやイベントで使う音響・映像機材を世界有数の規模で保有し、コンテンツの演出や進行を舞台裏で操る。東京五輪・パラリンピックでは施設整備の特需が控える。その同社はM&A巧者としての顔を持つ。傘下に収めた企業は10数社に及ぶ。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5