ヒビノは、音響機器販売事業を展開する韓国Sama Soundグループ3社を子会社化することで基本合意した。

子会社化するのはSama Sound(ソウル。売上高9億700万円)、Sama D&I(同。売上高5億1800万円)、Sama CDS(同。20億2000万円)。業務用音響機器、楽器などの輸入販売、システム設計・施工を主力とし、Sama Soundグループを形成する。創業は1969年に創業し、当初から輸入代理店を務めるShureブランドのマイクロホンやワイヤレスシステムのほか、GENELEC(スタジオモニター)、K&M(スタンド)といった著名ブランドの商品を取り扱っている。

ヒビノは音響機器販売・施工、映像製品の開発・製造、コンサートやイベントの音響・映像サービスを主力事業とする。グローバル展開を経営課題に掲げており、韓国の同業大手を取り込み、技術力や取引基盤の相互補完などを通じて競争力向上につなげる。

株式の取得割合や取得価額は未確定。取得予定日は2018年12月下旬。