芙蓉総合リースは日本政策投資銀行と共同で、法人向け一括請求サービスのインボイス(東京都港区。売上高1360億円、営業利益44億7000万円、純資産218億円)を子会社化することを決議した。インボイスの全株式を所有する合同会社ジーアイ・ホールディングス(東京都千代田区)の株式60%を取得する。残り40%を政投銀が出資する。これに先立ち、ジーアイ・ホールディングスは株式会社に組織変更する。

インボイスは1992年設立で、法人向けに通信料金や電話・ガス・水道料金などの一括請求サービスのほか、集合住宅向けインターネットサービスを手がける。芙蓉総合リースは同社を取り込むことにより、新領域での事業拡大につなげる。

取得価額は約100億円。取得予定日は2018年10月31日。