フィデアホールディングスは総合リース業のグランド山形リース(GYL、山形市。売上高16億3000万円、営業利益9000万円、純資産14億7000万円)の全株式を取得し子会社化する。

フィデアホールディングスは2009年に山形県地盤の荘内銀行と秋田県地盤の北都銀行が経営統合で発足した。荘内銀行はGYLの株式5%を保有し、リース機能の活用など協働関係にあった。GYLを取り込むことにより、今後は北都銀行の地盤である秋田県でも同様の取り組みを展開し、事業拡大につなげる。

取得価額は17億2000万円。取得予定日は2018年10月1日。