トーホーは業務用食品卸の昭和物産(東京都荒川区。売上高60億円、営業利益200万円、純資産△1000万円)の全株式を取得し子会社化することを決議した。

昭和物産は1961年設立し、首都圏で外食向けに乳製品や製菓・製パン材料を中心に卸売り事業を展開する。トーホーは同社を取り込むことにより、製菓・製パン市場への対応力強化に加え、業務用食材や調理機器などの販路拡大につながると判断した。

取得価額は非公表。取得予定日は2018年8月17日。