M&A速報

ジャパンインベストメントアドバイザー<7121>傘下の日本証券新聞社、投資教育のトレーデクスを子会社化

2018/07/05

ジャパンインベストメントアドバイザー傘下の日本証券新聞社(東京都中央区)は、投資教育事業を手がけるトレーデクス(東京都中央区。売上高200万円、営業利益△4100万円、純資産△600万円)の全株式を取得し子会社化することで合意した。トレーデクスは金融関連システム開発のインタートレード(東証2部上場)の100%子会社。

日本証券新聞社は証券・金融専門紙「日本証券新聞」の発行元。トレーデクスは2011年設立で、主に投資教育セミナーの開催・運営による投資教育を行ってきた。日本証券新聞社はトレーデスクが蓄積してきたWEBを中心としたマーケティングノウハウを活用してデジタルコンテンツの充実を目指す。

取得価額は3000円。取得日は2018年7月31日。

M&Aデータベース

関連の記事

M&A破談が広がる、早くも昨年比倍増の6件

M&A破談が広がる、早くも昨年比倍増の6件

2019/07/24

子会社化や事業譲渡で基本合意しながら、買収価格などの条件面で折り合わず、M&Aが中止になるケースが広がりを見せている。買収中止は今年すでに6件と、昨年(3件)の倍に増えている。1月に延期を発表したまま、半年以上も協議継続中の案件もある。

【ストックオプション事例研究】ジャパンインベストメントアドバイザー有償ストックオプションの発行

【ストックオプション事例研究】ジャパンインベストメントアドバイザー有償ストックオプションの発行

2016/10/18

金融ソリューション事業および日本証券新聞などメディア関連事業を行っているジャパンインベストメントアドバイザーの新株予約権を見てみる。 この有償ストックオプションにはノックアウト条項が付されており、同社の要領や条件から、割当者や既存株主に対する条項を付けることの意味とメリットを考える。

M&A速報検索

クリア