メディアフラッグは、連結子会社でスポーツビジネスのマネジメント事業を手がけるMPandC(東京都渋谷区。売上高2億5100万円、営業利益700万円、純資産2200万円)の株式をジェイエムエス・ユナイテッド(東京都新宿区)に譲渡することを決議した。議決権ベースでMPandCに対する持ち株比率は86.5%から35.2%に低下し、子会社から外れる。

MPandCは自治体、民間企業向けのスポーツコンサルティングの提供や現役アスリートのマネジメントを主力業務とする。同社株式の譲渡先であるジェイエムエス・ユナイテッドはセガサミーホールディングスの100%子会社。

株式譲渡価額は8120万円。

株式譲渡日は2018年6月19日。