M&A速報

協和エクシオ<1965>、シーキューブ、西部電気工業、日本電通の上場電気通信工事3社を経営統合

2018/05/09

協和エクシオは、シーキューブ(名古屋市)、西部電気工業(福岡市)、日本電通(大阪市)の上場電気通信工事3社を経営統合することを決議した。いずれも株式交換により、2018年10月1日付で完全子会社化する。

3社はNTTグループ向け通信インフラネットワーク構築を中核事業とするが、NTTグループの固定通信への設備投資は抑制傾向にあり、今後、厳しい市場環境が予想されている。協和エクシオは電気通信工事第2位で、全国規模で事業展開している。今回、中部、九州、関西をそれぞれ地盤とする各社を取り込むことにより、名実ともに全国ワンストップの施工・保守体制を構築し、成長戦略を推し進める。

3社の株式交換の割当比率は次のとおり。

協和エクシオ1:シーキューブ0.31(シーキューブ株式1株に対して協和エクシオ株式0.31株を割り当て)、

協和エクシオ1:西部電気工業1.29(西部電気工業株式1株に対して協和エクシオ株式1.29株を割り当て)

協和エクシオ1:日本電通1.86(日本電通株式1株に対して協和エクシオ株式1.86株を割り当て)

関連の記事

昭和シェル、パイオニア、日新製鋼など62社が「上場廃止」

昭和シェル、パイオニア、日新製鋼など62社が「上場廃止」

2019/03/29

2018年度に上場廃止した企業は62社を数える。「カーナビ4強」のうちパイオニア、クラリオン、アルパインの3社が期せずして上場廃止に。70年の上場歴を持つ昭和シェル石油も出光興産との経営統合に伴い、東証銘柄から姿を消した。

【協和エクシオ】4社の経営統合でどう変わるのか

【協和エクシオ】4社の経営統合でどう変わるのか

2018/10/23

協和エクシオが2018年10月1日にシーキューブ、西部電気工業、日本電通と経営統合した。電気通信工事市場が縮小傾向にあるため、工事の採算性を改善し安定した収益を確保するのが狙いだ。

【ミライトHD】M&Aでフロンティアに挑む 「通信工事」の殻破るか

【ミライトHD】M&Aでフロンティアに挑む 「通信工事」の殻破るか

2018/05/22

ミライトHDはNTT向けを中心とする通信工事業界3強の一角を占める。コムシスHD、協和エクシオに続く3番手だが、M&Aに関しては互角だ。M&Aを積極活用し、新エネや電気・空調設備、アジア市場など新事業領域を拡大してきた。