M&A速報

東京産業<8070>、電機計装設備を設計・製作を行うアイ・エー・エッチを子会社化

2018/04/26

機械総合商社の東京産業は、計装・電気設備機器および各種ユニットの設計・製作・販売・施工を行っているアイ・エー・エッチ(大阪府羽曳野市。売上高4億800万円、当期純利益2300万円)の全株式を取得し、子会社化した。

アイ・エー・エッチは、ガス火力発電や工業用ガス製造における各種電機計装設備を設計・製作し、大手電機メーカー等へ販売している。

東京産業の電力部門の主業である原動機ビジネスとの親和性が高く、本件を通じて商権・商品ラインナップの拡充が図られるとともに、海外エンドユーザーとの接点も広がり、グループの業容拡大のシナジーが発揮できると判断した。

株式取得価額は非公表。

株式取得日は2018年4月26日。

M&Aデータベース

関連の記事

M&A破談が広がる、早くも昨年比倍増の6件

M&A破談が広がる、早くも昨年比倍増の6件

2019/07/24

子会社化や事業譲渡で基本合意しながら、買収価格などの条件面で折り合わず、M&Aが中止になるケースが広がりを見せている。買収中止は今年すでに6件と、昨年(3件)の倍に増えている。1月に延期を発表したまま、半年以上も協議継続中の案件もある。

2019年M&A戦線は波乱含みか? 買収撤回・延期すでに3件

2019年M&A戦線は波乱含みか? 買収撤回・延期すでに3件

2019/01/25

M&Aの中止や延期がここへきて相次いでいる。東証の「適時開示」ベースで調べたところ、1月だけで買収中止が2件、延期が1件あった(24日現在)。2018年は年間を通じてM&A中止は3件(うち1件売却)に過ぎず、年明け以降の突出ぶりが目立つ。

M&A速報検索

クリア