M&A速報

東京産業<8070>、重電向け電気部品販売のKDIグローバルマネージメントを子会社化

2018/11/20

東京産業は、2019年1月17日付で重電向け電気部品仕入れ・販売のKDIグローバルマネージメント(横浜市)の全株式を取得し子会社化することを決議した。完全子会社化後、同年4月1日にKDIと同社傘下のキクデンインターナショナル(同。売上高12億4000万円、当期純利益4500万円、純資産4億4400万円)を吸収合併する。

KDIは資産管理会社で、実際の事業は傘下のキクデンインターナショナルが手がける。東京産業は重電向けを中心とする機械商社で、キクデンとの間で製品や顧客基盤などで補完関係が期待できるとしている。

株式取得価額は非公表。

M&Aデータベース

関連の記事

M&A破談が広がる、早くも昨年比倍増の6件

M&A破談が広がる、早くも昨年比倍増の6件

2019/07/24

子会社化や事業譲渡で基本合意しながら、買収価格などの条件面で折り合わず、M&Aが中止になるケースが広がりを見せている。買収中止は今年すでに6件と、昨年(3件)の倍に増えている。1月に延期を発表したまま、半年以上も協議継続中の案件もある。

2019年M&A戦線は波乱含みか? 買収撤回・延期すでに3件

2019年M&A戦線は波乱含みか? 買収撤回・延期すでに3件

2019/01/25

M&Aの中止や延期がここへきて相次いでいる。東証の「適時開示」ベースで調べたところ、1月だけで買収中止が2件、延期が1件あった(24日現在)。2018年は年間を通じてM&A中止は3件(うち1件売却)に過ぎず、年明け以降の突出ぶりが目立つ。

M&A速報検索

クリア