ダイトウボウ<3202>は中堅生地商社の和田哲(大阪市。売上高11億2500万円、経常利益1600万円)からヘルスケア関連の寝装品素材・生地などに関する事業全般(海外関連除く)を取得することを決議した。

ダイトウボウは寝装品関連の生地卸で和田哲と30年以上取引があり、親密な関係を持つ。一方、和田哲は後継者不在に伴い事業承継先を探していた。ダイトウボウは、和田哲が西日本に営業基盤を置くこと、健康関連の高機能素材の取り扱いがあることなどから、地域性・取扱品目の両面で自社のヘルスケア事業の補完が期待できると判断した。

事業取得価額は非公表。

事業取得予定は2018年7月中。