大東紡織(株)の連結子会社であり、繊維・アパレル事業を行う(株)ロッキンガムペンタ(以下「RP社」)の専門店向け紳士服販売事業(売上高4億9400万円、営業利益4300万円)の紳士服地、婦人服地、繊維製品、洋品雑貨の卸売業を行う鷹岡(株)(以下「鷹岡」)に譲渡することを決議した。

クールビズの定着や少子高齢化などによる紳士スーツ離れや、消費税増税、円安に伴う輸入コストの上昇等の影響を受けRP社の業績は厳しく、これ以上の業績回復が望めない中での赤字継続は回避すべきであり、速やかに事業撤退することが望ましいとの判断に至ったとのこと。そのうえで、RP社の一部事業を譲渡する方向で検討していたところ、鷹岡とRP社の専門店向け紳士服販売事業を譲渡することで合意に至ったとしている。

事業譲渡価額は7000万円。

事業譲渡日は2015年6月30日。