M&A速報

アイカ工業<4206>、台湾Evermore Chemical Industry. , Ltdに対し公開買付け開始

2017/11/15

アイカ工業<4206>は台湾でウレタン樹脂などの製造販売を行うEvermore Chemical Industry co. , Ltd. (売上高:111億円、営業利益:6億円、純資産:50億円)の発行済み株式総数の50.1%を対象とした公開買付けを実施し、子会社化を目指すことを決議した。

本取引により、アイカ工業はウレタン樹脂や紫外線硬化型樹脂などの製品開発力の向上、川上原料から樹脂製品までを一貫生産することにより競争力の向上を図る。さらに電子材料の主力市場である台湾・中国地域での販売強化、東南アジア地域への展開も目指す。

公開買付価格は1株あたり74.4円。

買付予定数:49,793,388株(買付け株券等所有割合:50.1%)。

買付け期間は平成29年11月17日から平成30年1月5日。

買付け代金は約37億円。

※1台湾ドル=3.72円で換算(11/20日現在)

M&Aデータベース

関連の記事

【M&Aランキング】1~3月期 企業別の件数・金額上位は?

【M&Aランキング】1~3月期 企業別の件数・金額上位は?

2021/04/08

コロナ禍の状況が続く中、M&A戦線も2021年の第1コーナーを終えた。M&A Online編集部が1~3月の企業別のM&A件数(適時開示ベース)を調べたところ、製造系派遣大手のアウトソーシングが5件と最も多かった。同社は2020年に年間6件のM&Aを手がけたが、これに早くも並ぶ勢いだ。

【アイカ工業】M&Aを加速 目指すは年商3000億円

【アイカ工業】M&Aを加速 目指すは年商3000億円

2021/03/25

資本提携やM&Aも含め積極的に自己資金を投入する-。この言葉の通りアイカ工業はM&Aを積極化させており、2018年以降の主なM&Aは10件近くに達する。とくに2021年に入ってからは勢いを増しており、この3カ月間に3件のM&Aを適時開示した。

【2019年M&A】件数トップは2年連続でソフィアHD|再上場のワールドは4件

【2019年M&A】件数トップは2年連続でソフィアHD|再上場のワールドは4件

2020/01/23

2019年の企業別のM&A件数(グループ内再編を除く)を集計したところ、ソフィアホールディングスの11件(中止2件を含む)が最多で、同社が2年連続でトップだった。2位は年間5件で、SHIFT、アイカ工業、第一交通産業、電通の4社が並んだ。

【M&Aサマリー11月】86件で今年最高に、ヤフー・LINEが来秋統合|旭化成は1400億円で米社買収

【M&Aサマリー11月】86件で今年最高に、ヤフー・LINEが来秋統合|旭化成は1400億円で米社買収

2019/12/05

11月のM&Aは前年同月比12件増の86件と今年の最多を記録した。10月まで3カ月連続で前年を下回っていたが、大幅な増勢に転じたことで、変調の兆しを打ち消した格好だ。11月までのM&Aは762件で、10年ぶりに年間800件台乗せが確実に。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア