浜松ホトニクスは子会社を通じて、米半導体検査用光源メーカーのEnergetiq Technology, Inc.(マサチューセッツ州)を買収することを決議した。浜松ホトニクスの米子会社のPhotonics Management Corp.(ニュージャージー州)が設立した受け皿会社と合併させる「逆三角合併方式」により買収する。

Energetiq Technologyは、高輝度な光源であるレーザ励起光源(LDLS)で市場を独占しており、また従来の半導体検査用光源よりも波長が短い極紫外線(EUV)光源を世界で唯一製品化している。半導体検査装置市場では高輝度な光源や、より波長が短い光源への需要が高まっており、浜松ホトニクスはEnergetiq Technologyの買収によりこうした市場からの要求に対応する。

取得価額は約46億2000万円とクロージング時のエナジティック社の現預金有り高。アドバイザリー費用を含めると約46億8000万円。

契約締結日は2017年9月20日で、譲渡予定は契約締結日から30日以内。