堺化学工業は傘下で医療用注射針の輸出を主力事業とする松岡メディテック(東京都文京区。売上高7億8000万円、営業利益300万円、純資産9400万円)の株式66.7%を、8月17日付けでエア・ウォーターに譲渡したと発表した。譲渡価額は非公表。

海外では研磨・加工技術に優れた日本製注射針の需要が増加しており、今後も注射針事業は市場拡大が見込まれている。堺化学工業は傘下に注射針メーカーを持つエア・ウォーターに松岡メディテックを譲渡し、注射針の製造から販売まで一貫して行う体制を整えることで一層の事業拡大が図れると判断した。