いちごは特別目的会社(SPC)を通じて、不動産事業のセントロ(東京都港区)を買収することを決議した。

セントロは東京都心部を中心に収益不動産事業を展開しており、2017年3月末時点で5億円前後を中心としたオフィスやレジデンスなど、約50億円(簿価ベース)の不動産を保有している。また、セントロは傘下にトランクルームレンタルのストレージプラス(東京都港区)、産業界で排出されるCO2の有効活用事業を展開するテヌート(東京都港区)の2社を保有する。いちごは自社事業とのシナジー(相乗効果)の創出を図り、収益基盤の拡大を目指す。

セントロの全株式を取得することを目的として組成されたSPCに出資し、SPCを連結子会社とする。

取得価額は32億円。取得予定日は2017年7月3日。