野村総合研究所は豪子会社のASG Group Limited(ASG、パース)を通じて、豪ITサービス会社のSMS Management &Technology(SMS、メルボルン。売上高272億円、純資産107億円)の全株式を取得し子会社化することを決議した。

SMSは通信会社や金融機関を主要顧客に持ち、営業支援や顧客管理などフロント業務に関わるコンサルティングやITシステムの導入に強みを持つ。ASGは連邦政府・州政府や製造・サービス業を主要顧客に持ち、経理や人事などのバックオフィス業務関連のコンサルティングが主力。両社のサービスや顧客層は補完関係にあり、子会社化により幅広い業種の顧客に対応することで一層の事業拡大を目指す。

取得価額は103億4500万円。取得予定日は2017年9月下旬。