野村総合研究所(東京都)は、オーストラリアにおいて、統合基幹業務システムや経営データ分析、ITインフラ等に関わるコンサルティング、開発・構築、管理・運用サービスを提供するASG Group Limited(オーストラリア、売上高146億円、税前利益13億円、純資産85億円、以下ASG社)の全株式を取得し子会社化するための手続きを開始することについて、同社と合意した。

野村総合研究所は、ASG社の子会社化により、オーストラリアにおいて付加価値のより高いサービスを提供するとともに、アジア地域等においても、両者が連携して事業を拡大することを目指すとしている。

株式取得価額は275億円(アドバイザリー費用等含む)。

株式譲渡実行予定日は平成28年12月下旬。

なお、本件株式取得は、スキーム・オブ・アレンジメント(Scheme of Arrangement)という友好的な買収手続きを用いるものであり、また、実施には、ASG社の株主総会における承認(投票議決権の75%以上かつ出席投票株主の過半数の賛成による承認)や、オーストラリアの裁判所の承認等が必要であり、これらの要件が充足されない場合には、本件取得が実現しない可能性があるとしている。