住友不動産は、住友不動産販売の普通株式を公開買付けにより取得することを決定した。

住友不動産は現在、議決権割合にして70.38%住友不動産販売の株式を所有しており、本公開買い付けにより100%に引き上げ、完全子会社化する。

住友不動産は、住友不動産販売を現時点で完全子会社化することが、住友不動産グループの企業価値の最大化、ひいては住友不動産販売の中長期的な企業価値の向上に資するものであるとしている。また、住友不動産販売の少数株主に対して合理的な株式売却の機会を与え、少数株主の利益に資するものであるとの判断をしている。

公開買付価格は1株当たり3,600円であり、前日終値ベースで23.25%のプレミアム。

公開買付期間は平成29年3月21日から平成29年5月1日まで。

買付代金は600億円。

本公開買付後、住友不動産販売は上場廃止となる予定。