M&A速報

ベルーナ<9997>、輸入商品販売の丸長を子会社化

2015/06/03

カタログ通販のベルーナは、食品や雑貨の輸入商品を販売する丸長(静岡県三島市)の全株式を取得し子会社化すると発表した。

丸長はインターネット通販にも力を入れており、展開する「daily-3(デイリースリー)」はインターネットショッピングモール「楽天市場」のキッチン用品部門で7年連続ショップオブザイヤーを受賞するなどしている。海外有名ブランドなどを取り扱い、大手通販企業やディスカウントストアにも販売している。ベルーナは丸長を取得し、インターネット通販の強化と卸事業の拡大を目指す。

丸長は、今回の株式取得にあたり、輸入商品販売とインターネット通販以外の事業についてはすべて別会社に売却している。取得対象となる事業の直近売上高は45億円、営業利益は1億1500万円。

取得価額は非公表。取得日は6月3日。

M&Aデータベース

関連の記事

【千趣会】ネット通販との競争で「生き残る」ための異業種M&A

【千趣会】ネット通販との競争で「生き残る」ための異業種M&A

2018/10/16

千趣会は「ベルメゾン」など女性をターゲットにした通信販売を手がける国内大手。働く女性向けのこけし人形の頒布からスタートした同社だが、カタログ通販が成功して業界大手の上場企業となる。そんな千趣会もネット通販の台頭で厳しい経営を強いられている。

2018年第2四半期 TOBプレミアム分析レポート

2018年第2四半期 TOBプレミアム分析レポート

2018/07/17

2018年第2四半期のTOBは、公表ベースで7件と前年と同件数だった。ベルーナのさが美へのTOBプレミアムは25.0%、ファミレスのジョイフルによる同業のフレンドリーへのTOBプレミアムはマイナス-16.9%となった。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5