光通信(東京)は子会社を通じて、同社の持分法適用会社(保有割合28.14%)で、ナチュラルミネラルウォーターの宅配事業を展開するウォーターダイレクト(東証二部、山梨県、売上高87億円、営業利益4億円、純資産22億円)の株式及び新株予約権を公開買付により取得することを決議した。

買付価格は1株あたり650円(前日終値に対して21.95%のプレミアム)。

買付予定数の上限及び下限は設けない。

買付予定総額は約46億円。

本公開買付の結果次第では、ウォーターダイレクトは上場廃止となる可能性がある。