アルミ建材メーカーの三協立山はベルギー子会社を通じて、米国Aleris International,Inc.(オハイオ州クリーブランド)からアルミニウム押出成形品製造事業を取得すると発表した。

Alerisのアルミニウム押出事業は航空機、鉄道、自動車などの幅広い分野のメーカーを顧客としている。三協立山は非建材事業と海外展開に向けた取り組みを強化しており、今回の取得もその一環。Alerisの押出事業部門に属する子会社3社ほか資産を取得する。対象事業の売上高は約391億円。

取得価額は約52億円。取得予定日は2月1日。