総合電気通信事業の大手であるコムシスホールディングス(東京都)は、施工技術力の維持・向上及び生産性の高い施工体制の再構築を目的として、土木工事等を中心に事業を営み、100年余りの歴史を持つ川中島建設(長野県、売上高約20億円)の全株式をコムシスホールディングスを株式交換完全親会社、川中島建設を株式交換完全子会社とする株式交換により取得することを決議した。

株式交換に係る割当は、コムシスホールディングス:川中島建設=1:1.12。

取得価額は約18億円。

株式交換契約締結日は平成26年8月28日。

株式交換の効力発生予定日は平成26年9月30日。