M&A速報

メディアフラッグ<6067>、デジタルセールスプロモーションのシアーズを子会社化

2014/05/08

メディアフラッグは、小型デジタルサイネージ(電子看板)などを用いたセールプロモーション事業を手がけるシアーズ(東京都港区。売上高11億3000万円、営業利益△5400万円、純資産3億8100万円)を完全子会社化すると発表した。シアーズの株式34.32%を取得後、残りの株式は株式交換により取得する。

メディアフラッグは店舗・店頭に特化したフィールドマーケティング事業を手がけており、事業開始当初からシアーズのデジタルサイネージを店頭に設置管理する業務を受託する関係にあった。完全子会社化によりグループ企業として連携を強化し、フィールドマーケティング事業の一層の拡大を目指す。

株式の取得価額は1億7900万円。取得予定日は2014年6月27日。

株式交換比率はメディアフラッグ1:シアーズ6.53で。シアーズの普通株式1株に対しメディアフラッグの6.53株を割り当てる。株式交換予定日は2014年7月1日。

追記事項

2014/05/23
メディアフラッグはシアーズと協議を進めた結果、株式取得割合や株式交換比率を変更すると発表した。6月27日に株式44.88%を1億6000万円で取得。7月1日の株式交換の比率はメディアフラッグ1:シアーズ4.47となる。

M&Aデータベース

関連の記事

インドコンビニ事業のインパクトHDが監理銘柄へ!上場廃止は?

インドコンビニ事業のインパクトHDが監理銘柄へ!上場廃止は?

2019/09/20

インパクトホールディングスが、監理銘柄に指定される見込みとなりました。2019年12月期第2四半期報告書を期限内に提出できなかったため。同社はインドコンビニ事業の貸付金28億円が回収困難となる可能性が高まり、瀬戸際の攻防が続いています。

【インパクトHD】「店頭」販促トップの座を固め、インドでコンビニ事業

【インパクトHD】「店頭」販促トップの座を固め、インドでコンビニ事業

2019/04/25

インパクトホールディングスは、流通小売業における店頭販促サービスのリーディングカンパニーを自任する。4月にメディアフラッグから社名を変更したばかり。今年はすでに3件のM&Aを実施し、インドではコンビニ事業計画を進める。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5