M&A速報

ベルーナ<9997>、韓国の貸金会社の株式譲渡

2014/03/17

(株)ベルーナ(以下「ベルーナ」)は、連結子会社であり、貸金業を行うベルネットクレジットカンパニーリミテッド(韓国、売上高16億7000万円(175.8億ウォン)、営業利益1億5300万円(16.1億ウォン)純資産25億円(262.8億ウォン)、株式所有割合100%、以下「ベルネットクレジット」)の全株式を(株)テムコ(韓国、以下「テムコ」)に譲渡することを決議した。

ベルネットクレジットの全株式をテムコに譲渡することで、ベルーナは経営資源をより成長性の高い分野に投下できる一方、ベルネットクレジットは規模の面でシナジー効果を生み、更なる成長が見込めると判断し、株式を譲渡を決定したとのこと。ベルーナは、今後とも、経営資源を最大限に活用してポートフォリオ経営の強化を図り、グループ経営の効率化と企業価値の向上に努めていくとしている。

株式譲渡価格は23億6000万円(248億ウォン)。

株式譲渡実行予定日は2014年3月下旬。

※ 1ウォン=0.0952円で換算。

M&Aデータベース

関連の記事

【千趣会】ネット通販との競争で「生き残る」ための異業種M&A

【千趣会】ネット通販との競争で「生き残る」ための異業種M&A

2018/10/16

千趣会は「ベルメゾン」など女性をターゲットにした通信販売を手がける国内大手。働く女性向けのこけし人形の頒布からスタートした同社だが、カタログ通販が成功して業界大手の上場企業となる。そんな千趣会もネット通販の台頭で厳しい経営を強いられている。

2018年第2四半期 TOBプレミアム分析レポート

2018年第2四半期 TOBプレミアム分析レポート

2018/07/17

2018年第2四半期のTOBは、公表ベースで7件と前年と同件数だった。ベルーナのさが美へのTOBプレミアムは25.0%、ファミレスのジョイフルによる同業のフレンドリーへのTOBプレミアムはマイナス-16.9%となった。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5