アプリックスIPホールディングス(株)(以下「アプリックスIPホールディングス」)は、同社の連結子会社であり、ゲームコンテンツ事業を営むジー・モード(連結売上高△30億3000万円、連結営業利益△1億7500万円、連結純資産28億1000万円、株式所有割合100%、以下「G‐mode」)の株式を100%譲渡することを決議した。

アプリックスIPホールディングスは、G-modeをエンターテイメント事業の中核会社として完全子会社化し、ソフトウェア基盤技術とコンテンツ・サービスの連携による相乗的な企業価値の向上を目指してきた。その後、G‐mode単体ではフューチャーフォン向けのゲームコンテンツの売上に加え、スマートフォン向けのゲームコンテンツの新作の投入等により売り上げ高構成比率が向上し、収益性改善のめどは立っているが、アプリックスIPホールディングスが取り組む、総合エンターテイメント事業に含まれる他事業との連携については、同事業を横断的に統括推進する力が足りず、シナジーを生み出すまで至っていないとのこと。

一方、アプリックスIPホールディングスが取り組むソフトウェア事業においては、M2M事業が好調な伸びを示しており、今後ますます同分野の市場が拡大すると同社は予測している。

以上の状況から、アプリックスIPホールディングスは保有するG‐modeの全株式を譲渡し、同社の経営資源をM2M事業に集中投資することが、同社グループの企業価値向上に資すると判断したとしている。

株式譲渡価格は7億5000万円。

株式譲渡実行日は2014年1月31日。