アイカ工業は、グループの成長戦略に経営資源を特化し、電子材料事業を強化することを目的に、プリント配線板事業を吸収分割により、NMCファンド18に承継させることを発表した。

NMCファンド18は、日本みらいキャピタルが助言するファンドが今回の吸収分割のために設立したSPCである。今後、今回の吸収分割の効力発生後、新ブランド名を冠した社名に変更予定である。

吸収分割の対価として、株式の割当ては行わず、金銭対価を得る予定だが、分割対価の価額については、現時点では確定していない。

吸収分割の実施予定日(効力発生日)は平成26年4月1日(火)としている。