M&A速報

ベルーナ<9997>、小売業のレモールからベビー用品、ギフト関連事業を取得

2013/12/16

ベルーナは、現在民事再生手続き中でベビー用品、ギフト小売業のレモール(大阪市)から、同事業を取得することを決議した。レモールが会社分割により設立する新設会社の全株式を取得し、子会社化する。

ベルーナは、通販事業を主力として、ファイナンス事業、卸売事業など複数の事業の相乗効果で成長性と収益性の実現を図っている。ベルーナはグループとして事業領域をさらに拡大し、企業価値を高めるため、レモールからベビー用品、ギフト関連事業の取得を決めた。

取得価額は非公表。取得予定日は2014年1月31日。

M&Aデータベース

関連の記事

【千趣会】ネット通販との競争で「生き残る」ための異業種M&A

【千趣会】ネット通販との競争で「生き残る」ための異業種M&A

2018/10/16

千趣会は「ベルメゾン」など女性をターゲットにした通信販売を手がける国内大手。働く女性向けのこけし人形の頒布からスタートした同社だが、カタログ通販が成功して業界大手の上場企業となる。そんな千趣会もネット通販の台頭で厳しい経営を強いられている。

2018年第2四半期 TOBプレミアム分析レポート

2018年第2四半期 TOBプレミアム分析レポート

2018/07/17

2018年第2四半期のTOBは、公表ベースで7件と前年と同件数だった。ベルーナのさが美へのTOBプレミアムは25.0%、ファミレスのジョイフルによる同業のフレンドリーへのTOBプレミアムはマイナス-16.9%となった。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5