エア・ウォーターは、インドの産業ガスメーカー、エレンバリー(西ベンガル州)から、株式譲受と株式公開買い付けにより、同社の株式の51%を取得した。

エア・ウォーターは、中期経営計画における成長ドライバーのひとつとして、海外への事業展開を推進しており、産業ガス事業においては、ガス製造技術やガスアプリケーション技術などを活かした海外展開を目指している。一方のエレンバリーは、インド東部を中心に液化ガスとシリンダーガス供給を担う。

取得価額は非公表。取得日は10月22日。