CDGは、地域特産品の商品開発・販売を行うゴールドボンド(大阪市。売上高1億3600万円、営業利益800万円、純資産3000万円)と2013年10月に経営統合することを決議した。CDGがゴールドボンドの発行済み株式をすべて株式交換によって取得し、完全子会社化する。

ゴールドボンドは、地域の中小メーカーや行政・公的支援機関などの依頼を受け、「地域活性化」のための特産品開発に加え、セールスプロモーション企画やブランディングも手がけている。CDGは、これまでのセールスプロモーション活動の支援範囲を地域活性化施策にも拡大させ、企業価値の向上を目指す。

株式交換比率はCDG1:ゴールドボンド126で、ゴールドボンドの普通株式1株に対してCDGの普通株式を126株割当てる。

取得価額は非公表。取得予定日は2013年10月1日。