M&A速報

MCJ<6670>、カフェ運営のアイエスコーポレーションを子会社化

2013/08/14

MCJは複合カフェを運営するアイエスコーポレーション(東京都港区。売上高25億9000万円、営業利益3億4900万円、純資産16億6000万円)の全株式を取得し、子会社化することを決議した。

アイエスコーポレーションは「アプレシオ」の店舗名で東海地域を中心に直営店14店舗、全国にフランチャイズ店60店舗、計74店舗の複合カフェを展開しており、幅広い顧客層に対してアミューズメント性の高いサービスを提供している。MCJは新規事業育成としてインターネットカフェを首都圏で運営しており安定した運営を実現していることから、アイエスコーポレーションの複合カフェに十分な成長余地があると判断し、取得を決めた。

取得価額は19億5000万円。取得予定日は2013年8月30日。

関連の記事

敵か味方か 「大株主」の存在とは

敵か味方か 「大株主」の存在とは

2018/04/05

UACJが2月末に内定した首脳人事の差し戻しを含めて再検討していることが明らかになった。終始「ノー」を主張してきたのが筆頭株主の古河電気工業。日本ペイントHDは筆頭株主が推す取締役を6人受け入れた。敵か、味方か、企業経営にとって「大株主」とはー。

M&A速報検索

クリア