バナーズは、楽器販売の日本ダブルリード(東京都新宿区。売上高5億7100万円円、営業利益2600万円、純資産2億2700万円)と2013年3月に経営統合することを決議した。バナーズが日本ダブルリードの発行済み株式のすべてを株式交換によって取得し、完全子会社化する。

バナーズは不動産事業や自動車販売業を手がけているが、グループとして収益安定性を高めるため事業の多角化を検討しており、今回の経営統合はその一環となる。

株式交換の割当比率はバナーズ1:日本ダブルリード3.36で、日本ダブルリード株式1株に対して、バナーズ株式3.36株を割り当てる。また、バナーズの保有する自己株式数の関係上、合わせて日本ダブルリード1株に対して105.428円の割合で金銭を交付する。取得価額は1億500万円。

株式交換実施予定日は2013年3月28日。