ヒビノは、子会社のヒビノメディアテクニカルを通じ、映像音声機器のレンタル・販売等を手がけるベスコ(東京都中央区。売上高2億4300万円、営業利益2800万円、純資産1億9700万円)を完全子会社化することを決議した。

ヒビノメディアテクニカルは、映像・音響機器のレンタル業を主軸に、イベントプロデュース、クリエイティブ専門の人材派遣等を手がける。一方、ベスコは、映像撮影用のカメラやレンズ等の映像音声機器のレンタル業を営み、放送局、映像制作会社等に顧客基盤を持つ。ヒビノはベスコを取り込むことで新たな販売網を得るとともに、取り扱い機器拡充による既存顧客への満足度向上や潜在顧客の掘り起こし、人材派遣と機器レンタルのカップリングによる高付加価値サービスの提供を狙う。

取得価額は非公表。取得予定日は2013年1月10日。