相鉄ホールディングスは、完全子会社でゴルフ場「甲府国際カントリークラブ」を経営する相鉄ゴルフ(山梨県笛吹市。売上高3億1800万円、営業利益△3300万円)の全株式をゴルフ場経営の市川ゴルフ興業(東京都練馬区)に譲渡すること、および、株式譲渡に先立ち、完全子会社で不動産の賃貸・管理を行うキャピタルプロパティーズ(横浜市。売上高3億8000万円、営業利益3000万円)の甲府国際カントリークラブ関連の不動産管理事業を相鉄ゴルフに承継させる会社分割(吸収分割)を行うことを決議した。

相鉄ホールディングスは、ゴルフ場利用者の減少や競合するゴルフ場の建設による事業環境の悪化等から、現行規模の運営体制では相鉄ゴルフの収支改善は困難であると判断、売却に至った。

譲渡価額は非公表。譲渡予定日は2012年12月21日。