M&A速報

豆蔵OSホールディングス<3756>、ジェイエムテクノロジーの普通株式等に対する公開買付を開始

2011/10/06

豆蔵OSホールディングスは、ジェイエムテクノロジーの普通株式及び新株予約権の公開買付を実施する。

買付期間は、平成23年10月7日(金曜日)から平成23年11月21日(月曜日)まで。

買付価格は、普通株式1株につき、70,000円。

買付予定数は、14,927株。

買付予定数には下限を設定し、応募株券等の数がこの下限を下回った場合、応募株券等の全部の買付けは行わず、応募株券等の総数が買付予定数の下限以上の場合は、応募株券等の全部の買付けを行う。下限は、9,952株。

買付総額は、1,044百万円。

買付価格には、直近のジェイエムテクノロジーの終値で計算した場合、129.5%のプレミアムが付されている。

豆蔵OSホールディングスは、ジェイエムテクノロジーの発行済株式の全ての取得を目的としているため、公開買付成立後、所謂二段階買収の実施を予定しており、その場合は、ジェイエムテクノロジーの株式は、上場廃止となる予定。

関連の記事

MBOが今年早くも5件|「上場企業」返上の理由は?

MBOが今年早くも5件|「上場企業」返上の理由は?

2020/02/17

2020年に入り、経営陣が参加する買収(MBO)がすでに5件に達し、前年の6件に早くも並ぶ勢いだ。このままでいけば、2013年以来7年ぶりに2ケタ(10件)に乗せる公算が大きい。MBOは2011年の21件をピークに減少傾向にある。

【1月M&Aサマリー】69件、09年以来の高水準|前田建設はグループの前田道路に敵対的TOB

【1月M&Aサマリー】69件、09年以来の高水準|前田建設はグループの前田道路に敵対的TOB

2020/02/05

2020年1月のM&A件数は適時開示ベースで、前年同月を7件上回る69件だった。1月として2009年以来の高水準。前年のM&A件数が841件と過去10年で最高となった流れを受け継ぎ、好スタートを切った格好だ。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5