日本工営は、、アイドールエンジニヤリングが営む事業のうち、建設事業に関する計画、調査、測量、設計ならびに工事監理の事業を取得する。

譲渡代金は、今後詳細を協議のうえ決定する予定。

アイドールエンジニヤリングは、30 年余にわたり一貫してダム関連の調査・設計、ダムに関連する新技術の開発、試験、解析業務を手掛け、CSG工法、巡航RCD工法等の高度な特許技術を有し、我が国の水資源開発の推進に大きな役割を果たしてきた。

この事業を取得することで、日本工営は、水力発電事業の実行体制をより強固なものとする。