岡藤ホールディングスは、完全子会社である三京証券(東京都中央区)のFX(外国為替証拠金取引)事業を会社分割によりODL JAPANに譲渡することを決議した。

岡藤ホールディングスは、2002年に店頭FX事業を開始したが、店頭取引の手数料無料化などにより低迷が続いていた。今後の収益性の見通しも厳しいことから、同事業をグループから切り離し、証券業務に集中することとした。ODL Japanは2007年設立で、FX事業のほか商品先物事業を展開している。

譲渡価額は算定中。譲渡予定日は2011年7月10日。同日付で社名をFXCMジャパン証券に変更する。